ケースの機能性

アイフォン6のケースは多くのものがあるが、そのなかでも機能性を重視したものを紹介していく。 まずは手帳型のケースだ。アイフォン6は基本的におサイフケータイ、スイカなどの機能を使うことができるFelicaチップを搭載していない。だが手帳型の多くはスイカ、ワオンカードなどのICカードを後ろに差し込み、入れることができるために、一体化することができる。 次にノーマルなケースだ。一般的なものでも、いくつかの種類がある。シリコン、TPU、ハードなどの素材の違いは、使用感や強度に違いが出る。シリコンは柔らかく、弾力性があるため、落下の衝撃に強いが、劣化が激しい。TPUはシリコンよりも耐久性があるが、経年により、黄ばみがつくということがある。このようにどの素材にも長所単所があるが、自分の使用状態に合わせ、使うことによって、快適に使えるだろう。

アイフォン6のケースの相場は種類、素材によって様々である。 まず、シリコンケースの相場は、純正品で3,500円ほど、非純正品で1,000円程となっている。TPUのアイフォン6ケースの相場は、1,000円〜1,500円程となっている。ハードケースの相場は2,000円程となっている。 手帳型は素材によって大きく異る。布製の手帳型ケースは2,000円〜4,000円ほどとなっている。革製のものになると、安くて3,000円、高いものとなると10,000円を超えるものも普通にある。また、ブランドとのコラボ商品も多くある。ルイヴィトンの手帳型ケースは、20,000円ほど、フェラーリ公式ライセンスのケースも4,000円程となっている。

Copyright © 2015 iPhone6のケースのデザイン~私だけのマイPhone~ . All Rights Reserved.